援助交際は危険

援助交際にはたくさんの危険がともないます。
男性はもちろん、女性も逮捕されますよ。

 女性が出会い系サイトや伝言ダイヤルで援助交際の相手を募集した場合、確率は非常に低いとは言え、女性も逮捕される可能性が有ります。具体的には、売春防止法違反の第5条、俗に言う誘引で逮捕された例が有るのです。女性が18歳未満の場合、出会い系規正法により、出合い系で援助交際を募集するような書き込みをした場合も普通に検挙されます。

 単純売春(売春行為だけ)の場合、検挙される可能性は非常に低いです。男性が書いた募集に対し1通や2通メールを出しても罪にはならないようですし、大人同士の場合に限りますが、売春そのものに関して罪に問われる事は殆ど有りません。問題は、サイトへの書き込みや伝言ダイヤルでの募集なのです。また、無差別的にメールを出しているような人も危ないようですね。

 女性の皆さん、気をつけて下さいね。警察が入れば、書き込みやメルアドから本人の特定は容易です。そんなに甘くないです。最近はサイトを見て「通報しました」というメールも届いたり、サイト管理者を名乗る人物から通報する旨のメールが届く事が有るそうです。メルアド等を変えても遅いです。メルアドを変えようが携帯を解約しようが、記録が残っていますので、警察が調べれば一発で判明しますよ。そうなったらもう終わりかも知れませんね。

 もう既にやっちゃった方、諦めた方がいいかも…。悩んでいる方がいれば、13章をお読みの上、お気軽にメールで御相談ください。

 このページを読んで安心した女性もいらっしゃるかも知れません。でも、そんなに甘くないですよ。警察沙汰より、相手の男性と揉める方が、よっぽど怖くて危険です。特に人妻の方など、尾行されて自宅を知られたらどうしますか?相手の男性を興信所が調査していて、その報告書に貴女の名前が出ていたららどうしますか?その他、第二章で述べた危険も沢山あります。これらのトラブルに巻き込まれるくらいなら、警察に検挙された方がまだマシなんだという事は肝に銘じておいて下さいね。